神奈川県での不倫調査・浮気調査・家出人捜索は我々、総合探偵社オルカジャパン横須賀にお任せ下さい。ご相談、お見積りは勿論無料です。

【総合探偵社】オルカジャパン横須賀

トピックス

いじめ問題

投稿日:

いじめの問題は、非常に複雑な人間関係が存在するため、対応することが困難な相談の一つです。

 

いじめという状況は、『いじめる人』『いじめられる人』『傍観者』という3つの人間関係から成り立っています。形態は『言葉でのいじめ』、『暴力的ないじめ』、そして『個人の存在を無視するようないじめ』など、様々です。

 

また、最近のいじめの特徴として問題視されているのが『いじめのゲーム化』です。このいじめは、いじめる子どもに加害意識がほとんどなく、ゲーム感覚で人をいじめてしまうため、歯止めが利かなくなってしまいます。

不思議なことに、いじめられた子どもも、「自分がいじめられている...」という被害意識を強く持っていないことも特徴です。

 

この背景には、「いじめられてもいいから、その集団に入れてもらいたい...」「いじめられているという事実を認めたくない...」という、子どもの思いが強い影響を与えていると考えられています。そしていじめる子、いじめられる子という役割がコロコロ変わり、教師や親がいじめを発見しにくいということも、このいじめの特徴です。

 

いじめは、生命を危機的状況へ追い込むほどの心理的苦痛を、子どもたちに与えてしまう深刻な問題でもあります。周りの大人が気付きにくいため、気が付いた時には、かなりの末期状態である事も少なくないのです。

 

最近、「いじめられる側にも問題がある」という考え方が出てきており、いじめによってつらい思いをしている子どもたちを、更に追い込める状態も出てきていますが、いじめ問題の原因は、いじめる側に責任がある場合もあります。

 

他者の弱みを見つけ、そこを攻撃して自分の欲求不満をぶつける様な行動を肯定していても、問題は解決されません。いじめる側の子どもにも、様々なストレスがあり、欲求不満を抱えていて苦しい状況があるかもしれませんが、責任転嫁をして、子どもの悪い行動を肯定することは、子どもに間違ったコミュニケーション技法を教えてしまうことにもなります。

 

いじめ問題は、いじめられた子どもの心に大きな傷を残してしまうため、子どもへの指導が強く求められていますが、問題にかかわりにくい側面も持っています。ケースにもよりますが、いじめた子どもをいくら指導しても問題が解決されないことがあります。

 

このような場合には、いじめた子どもの気持ちをしっかりと受け入れることが重要です。そして、いじめを肯定せず、いじめという行動の裏側にある子どもの気持ちに共感すると、子どもの心が見えてくることがあります。

 

総合探偵社オルカジャパン横須賀では、子供が外でどんな行動をしているか、尾行して交友関係や遊びなどを写真で記録します。

子供に気付かれないように、確実に証拠を得ることができます。

写真撮影においては、個人判別できるくらい顔が鮮明に写るカメラを使用していますので、素人では絶対に出来ないレベルの撮影技術を証拠として揃える事ができます。

いじめが犯罪レベルにまで達した場合、調査報告書という決定的な証拠があれば、警察も即座に動くことができます。

初めてご依頼の方限定お試し調査|5時間で50,000円を30,000円に

※オルカジャパン横須賀では、結果(確実な証拠)を求めるため3時間からの調査とさせていただいております。

-トピックス

Copyright© 【総合探偵社】オルカジャパン横須賀 , 2020 All Rights Reserved.